ノーローンの自動契約機を使用した契約とカード発行

カードローンの中で唯一、継続的な無利息期間が提供されている「ノーローン」は、消費者金融のシンキが展開しているカードローンです。

そのノーローンには専用の自動契約機がありませんが、シンキの親会社が新生銀行であるため、新生銀行の展開している「レイク」の自動契約機を使用できるようになっています。

レイクの自動契約機ルームにはノーローンのロゴも描かれています。なお、インターネットから申し込んで審査に通った後に行った方が数段手続きをスムーズに進められます

ノーローンの自動契約機の手順と流れ

自動契約機の手続きではまず始めに、レイクとは別になっているノーローン専用の「お手続きを開始」ボタンを押します。次の画面で「初めてノーローンをご利用のお客さま」ボタンを押し、続いて「事前にインターネットでお申し込みをされているお客さま」ボタンを押します。「ご利用のご確認」で個人情報の取り扱いの確認を求められるので同意ボタンを押します。

次に、「お名前の入力」をし、「ご本人さまの確認」では持参した本人証明書類を確認されるので運転免許証を選択し、スキャナーにセットして読み取りボタンを押します。その後、「ご返済希望日の入力」をし、「ご返済に関する連絡先の確認」で希望する連絡先を選択します。

ここで、スピーカーを通じてノーローンの担当者から顔の確認をするため正面を向くようにアナウンスがあります。本人証明書類の写真と本人を照合するためのようです。もしこの段階で審査担当者に伝えたいことがあれば積極的に伝えましょう。

例えば、カードローン借り換えをすることは可能なのか?おまとめローンも審査に通るなら検討をしているなど、少しでも疑問に思うことや、聞いてみたいことは言った方が後々後悔することもありません。

画面は「オンライン明細サービスのご案内」に変わり、振込融資や口座引き落としを利用した場合に、取引明細書を郵送するか、インターネット上で確認するかを選択します。

「インターネットで確認」ボタンにはわざわざ『お取引明細書が郵送されないので、プライバシーの心配がありません』と記載されています。次の「メールサービスのご案内」というのは返済期日が近づくとメールで知らせてもらえるサービスです。

パソコン、携帯のどちらのメールアドレスでも登録できます。続いて、「年収を証明できる書類の確認」では書類を持参した場合にスキャナーに読み込ませます。入力処理はこれで終了です。

契約書控えとカード発行がその場で完了するため自宅への郵送は一切なし!

再び、スピーカーからノーローン担当者のアナウンスがあり、借入金額、金利、返済日、返済金額、返済遅延の連絡先、カードの使用不可となる場合などの説明を受けます。

そして、画面に「商品のご説明」、「ご利用限度額の確認」、「お借入れシミュレーション」が表示され、説明されたことの確認が行われます。

続いて、画面に「契約前の確認書類の発行」が表示され、カードローン基本契約事前説明書が発行されます。さらに、「契約内容の確認」画面で内容をチェックして確認ボタンを押すと、「カードローン基本契約書」が発行されます。

サインした後、スキャナーに読み込ませると「契約書確認の終了」の画面になり、すぐに「契約書(お客様控え)の発行」の画面に変わって控えが発行されてきます。

最後に「カード暗証番号の登録」画面で4ケタの任意の暗証番号を入力するとカードが発行され、手続きは完了です。

カテゴリー: カードローン全般 | コメントをどうぞ

おまとめローンの審査をするなら消費者金融?銀行カードローン?

おまとめローンの審査をする場合って、消費者金融か銀行カードローンどっちがいいのか?考えたことはありませんか?

どちらもメリットとデメリットがありますので、必ず、こっちに申込みした方が良い!と言うのは正直ありません。

しかし、ある程度その人の目的がはっきりしているならば、どちらにお申込した方が良いのかアドバイスすることはできます。

低金利でおまとめローンしたいなら銀行カードローンへ!

まず、金利重視でおまとめローンを組みたいならば、銀行カードローンへ審査を依頼するべきでしょう。ほとんどの人は金利に関わる悩みを持っている人だと思います。

なぜなら、おまとめローンの一番のメリットは、金利を下げて全て一本化することで、全体の金利が引き下がります。

例えば、消費者金融やクレジットカードのキャッシングで4社から200万円借りている人の場合、一社ごとの金利が17%~18%になっていますので、全体的な利息もかなり高いのです。

これを、銀行カードローンで13%で一本化した場合、200万円にかかる金利は13%に下がりますので、毎月発生する利息も引き下がることになります。

おまとめローンは金利が低いものでなければ、はっきり言って借りるメリットは少なくなってしまいます。確かに一本化することで、毎月の返済の手間や精神的ににも楽になる部分はありますが、大きな魅力はやはり利息が安くなるからです。

金利で見るならばやはり消費者金融よりも銀行カードローンでしょう。今の銀行カードローンの多くがおまとめローンでも利用使途OKとなっており、実際に銀行でおまとめ一本化した人は満足している人が多いです。

銀行でもオリックス銀行審査になると、収入証明書が不要でおまとめローンを借りれた人もおり、提携ATM手数料無料はかなり嬉しい項目です。

審査に通りやすいのは消費者金融か?

消費者金融のおまとめローンの場合、正直金利が高いです。おまとめローンは総量規制例外貸付に該当しますので、消費者金融でも年収3分の1以上の貸付が可能となっています。

でも、実際は、総量規制に抵触していないおまとめローンの場合でも消費者金融会社はおまとめローン後に融資を禁止としているのです。

例えばアイフルのおまとめローンになると、金利は17.5%となっています。17.5%でおまとめローンを一本化したところで、消費者金融の金利18%とほとんど変わらない利息が発生します。

金利17.5%に設定しているのは訳があり、総量規制例外貸付の根拠となる「段階的に債務を減らす借り換え」は金利を1%でも引き下げることが条件となっています。

このため、消費者金融ではほとんどが18%の金利となっていることから、アイフルの17.5%の金利でも一応金利引下げをしているので総量規制例外貸付が実行できると言う意味です。

おまとめローンは一本化して、約5年程度の長い分割で支払っていくので、支払利息はかなりの金額になります。

もし、消費者金融と銀行カードローンで迷っているならば、金利だけ見れば間違いなく銀行カードローンの方が利息が低いです。一度返済シュミレーションで払う総利息がいくらになるのか計算してみると一目瞭然でしょう。

あと、消費者金融の方がおまとめローンの審査が通りやすいのか?の点に関しては、確かに消費者金融の方が金利も高い分、おまとめローンの審査は通りやすいでしょう。

しかし、大きな落とし穴は、先ほども言った、おまとめローン後の借入ができないことです。

最初から返済専用の契約になりますので、借入自体ができなくなります。銀行カードローンであれば、返済途中でも基本的には借入ができますので、消費者金融と銀行カードローンでおまとめローンを申込みするなら、やはり銀行カードローンになると言えるでしょう。

カテゴリー: おまとめローン審査 | コメントをどうぞ

おまとめローンは総量規制対象外なのか?

おまとめローンは年収3分の1以上でも融資が可能となっていますが、消費者金融会社などの貸金業者は総量規制があるはずなのに、なぜ総量規制以上融資ができるのか気になりませんか?

貸金業法の総量規制では、貸金業者は資金需要者(申込者)の年収の3分の1以上は融資を禁止しております。

なのに、プロミスやアイフルなどでは、貸金業法に基づくおまとめローンとして、注意書きでおまとめローンは年収3分の1を超えても貸付が可能と書いてあります。

今回はおまとめローンはなぜ総量規制以上貸付ができるのか?について書いていきます。

おまとめローンは総量規制例外貸付で認められています!

おまとめローンが年収3分の1以上でも貸付可能な理由としては、総量規制例外貸付で融資しているからです。

総量規制例外貸付とは、一定の条件を満たせば、年収3分の1以上でも貸付することが可能となっている、例外規定です。

具体的には6項目程度、例外貸付条項が決められていますが、その最初の項目で、「金利が1%でも引き下がり、顧客に一方的に有利となる借り換え」「段階的に債務を減らす借り換え」は総量規制例外貸付で融資が可能となっているのです。

要するに、顧客にとって不利益が全くない借り換えと、金利を減らし、段階的に債務を減らす借り換え(返済専用のローン)であれば、年収3分の1を超えた融資だとしても問題がないということなのです。

プロミスやアイフルでおまとめローンをしているのは、プロミスならば100万円以上の限度額で金利を15%に引き下げる。

アイフルならば、100万円未満でも金利を17.5%に設定することで、今現在借りている消費者金融の金利18.0%よりも少しでも金利を安くして、返済専用のローンにすることで、例外貸付条項をクリアしているわけです。

総量規制例外貸付と総量規制対象外の違いとは?

ここで気になった人も多いと思いますが、おまとめローンは、総量規制対象外ではなくて、総量規制例外貸付なのか?という点ですよね。

これは、貸金業者(消費者金融など)が融資する、貸金業法に基づくおまとめローンは総量規制例外貸付となりますが、銀行が貸付する銀行カードローンでおまとめした場合、銀行が貸付するものは全て総量規制対象外になりますので、銀行でおまとめすれば、総量規制対象外、消費者金融でおまとめすれば、総量規制例外貸付となるのです。

今一分かりにくいかもしれませんが、どちらも年収の3分の1以上貸付が可能なので、利用者の人は、はっきり言ってどっちでもいい問題なのです。

管理人から言わせれば、おまとめローンをするならば、絶対的に銀行カードローンの方がおすすめです。

オリックス銀行や楽天銀行では消費者金融のおまとめローンを積極的にアピールしています。まずは、銀行カードローンで申込みすることがベストでしょう。

カテゴリー: 総量規制 | コメントをどうぞ

おまとめローンするなら無利息とATM手数料は要チェック!

おまとめローンと無利息って、あまり関係が無いように思いがちですが、実はかなり関係があると言うか、使わないと損をするのです!

おまとめローンは借入する金額が100万円を超えるのも珍しくは有りません。

その場合、100万円以上の30日間の利息は数万円にもなるのですよ?それを無利息があるローンでおまとめるすことによって、初回の30日間は金利が0円なので、1円も利息を払う必要がないのです!

それが200万円のおまとめローンだった場合、利息は2万円~3万円になる場合もあります。どうですか?おまとめするなら無利息があるローンを選びたくなったでしょう?笑

しかし、注意点もあって、利息に大きく影響するのは無利息期間です。

無利息期間は利息そのものを一定期間発生させなくしてくれます。つまり、金利がゼロになるわけです。

ただ多くの会社では初回一回のみ30日間であることが多いです。二回目以降は適用されないので、度々借入れされる方にとってはメリットが感じにくいかも知れません。

ですが、一回だけだとしても払うべき利息が大きく減ることには間違いありません。そして初回一回に限定せず、短期であれば何度でも使えたりポイントを貯めるなど一定条件を満たせば二回目以降も使える会社もあります。

借りてすぐ返す方にとっては短期でも充分効果がありますので、ご自身の利用予定と照らし合わせて見ることが大切です。

ATM手数料は1回ごとに数百円取られます!

そして次は利用手数料です。これに関してはあまり深く考えない方が大いのですが実は結構重要です。利用手数料は一回辺り200円程度必要になる場合もあります。

もし借入れ返済と二回発生すれば400円です。小さなお金に感じるかも知れませんが、つもり積もれば勿体無いお金です。

金利が会社間であまり差が大きくないと書かせていただきましたが、例えば会社間で0.5%の金利の差があったとします。

この場合50,000円を30日間借りたとしても利息の差は20円ほどしかないのです。こう考えると手数料ってかなり勿体無く感じると思います。

提携の銀行やATMを利用したり、ネット経由での振込を利用した場合など条件を満たせば手数料が無料になるカードローンもたくさんあります。

代表的なのはオリックス銀行です。オリックス銀行はネット銀行の特性で提携ATM手数料はすべて無料となっています!非常にお得なのでぜひともチェックしてみてください。

特に度々借入れを行う予定があるなら、手数料無料のカードローンを選ぶべきです。

このように、とても便利ですが、利用する方法によって最もメリットのある借入れ先が変わるのがカードローンです。

まず、最初にご自身に借入額や利用方法について考えてみてそれからもう一度考えてみてください。カードローンはお金にピンチを作ってくれる強い味方になってくれます。

カテゴリー: おまとめローン無利息 | コメントをどうぞ

おまとめローン審査申し込みの流れとは?

インターネットからの申込の手順が非常に簡便であることもおまとめローン審査利用者の増加を促す要因になっています。

インターネットからカードローンに申込む場合はまず消費者金融のWEBサイトにアクセスしてカードローンの申込用フォームを開き、氏名や生年月日などの「個人情報」、名義やローンの有無などの「自宅情報」、業種や雇用形態、年収などの「勤務先情報」、それと他カードローン借り換えからの借入残高などを入力して送信するだけで申込手続きが終わります。

後は、業者からの審査の結果の連絡を待つだけです。

なお、インターネットの利用が始まる以前は、免許証などの本人証明書類はコピーを業者に郵送するか、FAXで送っていましたが、インターネットが利用できるようになってからは、デジカメやスマホで撮った本人証明書類の画像データをパソコンからアップロードしたり、スマホアプリを利用して送信したりできます。

従って、すべての申込のための手続きがインターネットだけで済ませられます。

そして、業者から審査に通った連絡があると、そのままインターネット上での契約手続きに進みます。

契約手続きが完了するとWEBサイトにある会員用ページから借入の申込ができ、借入金を自分の所有する銀行口座に振り込んでもらえます。

振込手数料は掛かりません。なお、銀行の営業時間に間に合えば、申込んだその日の内に振り込んでもらう即日融資が可能であり、さらに、振込先が業者と提携している銀行の場合は24時間いつの申込に対しても即時に振り込んでもらえます。

カテゴリー: おまとめローン審査 | コメントをどうぞ

インターネットの普及によるおまとめローン審査の変化

平成18年の改正貸金業法の設立以来減少の一途を辿っていた消費者金融カードローンの利用者の数が増加傾向にあります。

その理由としては以下のことが挙げられます。

総量規制が導入された当時は年収の3分の1以上の借入をしている人が非常に多かったため、追加借入のできる人が激減しましたが、ここにきて借金の整理が進んで借入の枠のできた人が増えていること、また、大手消費者金融が都市銀行のグループに加わったことでサラ金という暗いイメージが薄れ、若い人の間で消費者金融に対する抵抗感が無くなっていることなどがありますが、最も大きな要因はカードローンにおけるインターネットの利便性が高まったため、利用がしやすくなったことです。

インターネットを利用して申込や借入が行えるようになったことで、キャッシングのために費やす時間や手間を大幅に省くことができます。

しかも、パソコンだけではなくスマホやケータイからでも利用が可能なため、自宅や勤務先、ファストフード店、車や電車の中からでもカードローンに申込むことができます。

これは使途自由のフリーローンだけでは無く、おまとめローンにも言えることで、昔はおまとめローンをするには必ず店頭窓口に来店することが必須条件となっていましたが、今はインターネットからおまとめローン審査ができるようになっています。

消費者金融のおまとめローンでは、まだ来店重視が目立ちますが、銀行カードローンであれば、すべてWEB契約が主流となっていることで、おまとめローンとしての利用であっても、来店不要で借入することが今はできるようになっているのです。

特にオリックス銀行カードローン審査では、銀行ローンにも関わらず最短即日審査が可能となっており、おまとめローンの利用もOKとなっています。

今後この流れは急速に広まっていく傾向にあり、将来的には来店不要で全てのおまとめローン審査ができる可能性が高いと言えるでしょう。

カテゴリー: おまとめローン審査 | コメントをどうぞ