おまとめローンの審査をするなら消費者金融?銀行カードローン?

おまとめローンの審査をする場合って、消費者金融か銀行カードローンどっちがいいのか?考えたことはありませんか?

どちらもメリットとデメリットがありますので、必ず、こっちに申込みした方が良い!と言うのは正直ありません。

しかし、ある程度その人の目的がはっきりしているならば、どちらにお申込した方が良いのかアドバイスすることはできます。

低金利でおまとめローンしたいなら銀行カードローンへ!

まず、金利重視でおまとめローンを組みたいならば、銀行カードローンへ審査を依頼するべきでしょう。ほとんどの人は金利に関わる悩みを持っている人だと思います。

なぜなら、おまとめローンの一番のメリットは、金利を下げて全て一本化することで、全体の金利が引き下がります。

例えば、消費者金融やクレジットカードのキャッシングで4社から200万円借りている人の場合、一社ごとの金利が17%~18%になっていますので、全体的な利息もかなり高いのです。

これを、銀行カードローンで13%で一本化した場合、200万円にかかる金利は13%に下がりますので、毎月発生する利息も引き下がることになります。

おまとめローンは金利が低いものでなければ、はっきり言って借りるメリットは少なくなってしまいます。確かに一本化することで、毎月の返済の手間や精神的ににも楽になる部分はありますが、大きな魅力はやはり利息が安くなるからです。

金利で見るならばやはり消費者金融よりも銀行カードローンでしょう。今の銀行カードローンの多くがおまとめローンでも利用使途OKとなっており、実際に銀行でおまとめ一本化した人は満足している人が多いです。

銀行でもオリックス銀行審査になると、収入証明書が不要でおまとめローンを借りれた人もおり、提携ATM手数料無料はかなり嬉しい項目です。

審査に通りやすいのは消費者金融か?

消費者金融のおまとめローンの場合、正直金利が高いです。おまとめローンは総量規制例外貸付に該当しますので、消費者金融でも年収3分の1以上の貸付が可能となっています。

でも、実際は、総量規制に抵触していないおまとめローンの場合でも消費者金融会社はおまとめローン後に融資を禁止としているのです。

例えばアイフルのおまとめローンになると、金利は17.5%となっています。17.5%でおまとめローンを一本化したところで、消費者金融の金利18%とほとんど変わらない利息が発生します。

金利17.5%に設定しているのは訳があり、総量規制例外貸付の根拠となる「段階的に債務を減らす借り換え」は金利を1%でも引き下げることが条件となっています。

このため、消費者金融ではほとんどが18%の金利となっていることから、アイフルの17.5%の金利でも一応金利引下げをしているので総量規制例外貸付が実行できると言う意味です。

おまとめローンは一本化して、約5年程度の長い分割で支払っていくので、支払利息はかなりの金額になります。

もし、消費者金融と銀行カードローンで迷っているならば、金利だけ見れば間違いなく銀行カードローンの方が利息が低いです。一度返済シュミレーションで払う総利息がいくらになるのか計算してみると一目瞭然でしょう。

あと、消費者金融の方がおまとめローンの審査が通りやすいのか?の点に関しては、確かに消費者金融の方が金利も高い分、おまとめローンの審査は通りやすいでしょう。

しかし、大きな落とし穴は、先ほども言った、おまとめローン後の借入ができないことです。

最初から返済専用の契約になりますので、借入自体ができなくなります。銀行カードローンであれば、返済途中でも基本的には借入ができますので、消費者金融と銀行カードローンでおまとめローンを申込みするなら、やはり銀行カードローンになると言えるでしょう。

カテゴリー: おまとめローン審査   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です