北陸銀行カードローンってどうなの?金利や審査は?


新潟県には地方銀行が2つあり、1つ目は新潟市にある第四銀行で、2つ目は長岡市にある北越銀行です。北越銀行は規模的には第四銀行の半分程度です。

その北越銀行には「プラスエル」と「ベンリーナ365」という2つのカードローンがあります。

プラスエル

プラスエルを利用するためには年収200万円以上が必要です。従って、パート・アルバイトでは実質的に利用できる人が限られます。また、北越銀行の営業エリア内に在住か勤務していることも条件に入っています。

利用限度額は300万円になっており、50万円単位で申込ができますが、利用できる金額は年収の2分の1の範囲内に限定されます。

金利は利用限度額が100万以下で9.8%、150万円以上が7.5%と非常に魅力的な数値になっています。

さらに、北越銀行の住宅ローンを利用していると1%、プラスM「子育て応援」で6カ月以上の積立をしていると0.5%の金利が割り引かれます。従って、両方を利用していると、金利が6%までに下がります。

申込はホームページから行いますが、仮審査に通った場合は店頭窓口で正式な申込をすることになります。借入は北越銀行や提携先であるゆうちょ銀行、コンビニのセブンイレブンのATMから行います。

約定返済は毎月1日の北越銀行口座からの引き落としであり、約定返済額は借入残高が50万円以下の場合に1万円、50万円超150万円以下で2万円、150万円超250万円以下で3万円、250万円超で4万円です。

ベンリーナ365

利用条件は北越銀行の営業エリア内に在住か勤務していることです。なお、北越銀行の口座が無くても利用できます。

申込はホームページ、電話、郵送から行え、契約手続きも基本的に郵送で行うので来店の必要はありません。店頭窓口の利用も可能です。

なお、審査結果は原則として当日に連絡され、翌日にカードが発送されるので、早ければ翌々日にはカードが届きます。

利用限度額は300万円でプラスエルと同じですが、金利が一律14.6%になっており、借入額が100万円までは都市銀行の金利とほぼ変わりませんが、100万円を超えるようだと利用するメリットが薄れます。

借り入れ方法はプラスエルと変わりませんが、約定返済は毎月10日の北越銀行口座からの引き落としか、ATMや店頭窓口からの入金のどちらかを選択できます。

入金の場合の返済期間は1日~10日です。ちなみに、セブンイレブンのATM手数料が借入・返済とも無料になっています。

約定返済額は借入残高が50万円以下で1万円、50万円超100万円以下で2万円、100万円超150万円以下で3万円などとなっています。

まとめると、北陸銀行カードローンはそこまでスペックが良い訳でもありません。地銀全部に言えることですが、基本的に即日融資ができないのが大きなデメリットです。お金を借りるならやはりメガバンクのカードローンの方がおすすめです。

カテゴリー: カードローン全般   パーマリンク

コメントは受け付けていません。